合格までのプランニングは「フォーサイト」にお任せ。

前のページで元気が出る(!?)合格率を見ていただきました。でも、気を緩めてはなりません。目指す資格試験(ここでは「2級FP技能検定」)の内容は、とにかく専門性が高いもの。一度や二度、テキストを読んだぐらいでは頭に入りません。しかも、限られた時間内で正解を引っ張り出さなければ、せっかく蓄積した知識も生かされないことになってしまいます。ならば、やみくもに勉強する前に、試験そのもののことを知っておきましょう。試験科目や出題形式、出題数などがわかると、備え方も変わってきますから。

【試験】

【出題形式】

【合格基準】

学科

筆記(マークシート)60問択一

36点(60点満点)

実技

筆記(記述式)40問

60点以上(100満点)

●学科試験の内容

ライフプランニングと資金計画

10問

リスク管理

10問

金融資産運用設計

10問

タックスプランニング

10問

不動産

10問

相続・事業継承

10問

●実技試験の内容(※出題番号は本試験ごとに多少異なる)

FP総論

2問

金融資産運用設計

4問

不動産

3問

リスク管理

4問

タックスプランニング

3問

相続・事業継承

3問

ライフプランニング・総合問題

21問

学科試験は制限時間120分。60問を解く必要があるため、1問について約2分しか掛けられません(実技試験は90分)。でも、満点でなければ合格できないのでしょうか? 答えは“ノー”です。合格基準点に注目! 学科・実技ともに6割が目安です。独学ではわかりませんが、「フォーサイト」の通信講座なら、“合格点主義”が徹底しています。「ファイナンシャルプランナー(FP)」合格までの勉強のプランニングは、すべて「フォーサイト」任せましょう。

次のページへ ››